2018年7月号 6月4日(月)発売

財務官僚の「権限と実力」

「財務省」の

研究

【読者からの質問】
公文書改ざん問題や前事務次官のセクハラ問題等、財務省の不祥事が続いています。実際、財務省はどのような組織で、どれほどの権力があるのでしょうか。
                 (神奈川県横浜市・白井貴敏)



「出世コース」は
いまも昔も「主計局」
八幡 和朗
◎徳島文理大学教授
年収「2,000万円超」の「事務次官」は
学歴と努力に見合わない!
中野 雅至
◎神戸学院大学現代社会学部教授
「過剰接待」が繰り返される
「最強官庁」
横田 由美子
◎ジャーナリスト
「財務次官」は「政策金融文庫」
「日本銀行」「JT」に再就職
高橋 洋一
◎嘉悦大学教授
「財務官僚」の
出世の道具と化した「消費増税」
三橋 貴明
◎経済評論家
事務次官には「岡本薫明氏」
国税庁長官は「星野次彦氏」へ
歳川 隆雄
◎ジャーナリスト

全ての推薦文を見る

トップページ | リベラルタイムとは | バックナンバー | オンライン注文 | LTブログ | 読者の声 | 単行本 |